ヨゼフ

令和5年1月4日

新型コロナウイルス感染者発生のお知らせ(第二報・終息)

平素よりお世話になり誠に有難うございます。

12月27日(木)ヨゼフ病棟の利用者様1名、職員2名において、新型コロナウイルス感染が陽性と判明いたしましたが、1月2日(月)をもちまして、終息しましたことをお知らせいたします。

この度は、利用者及びご家族の皆様、関係機関ならびに地域の皆様には、ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。より一層の感染対策の徹底に努めてまいりますので、ご協力、宜しくお願い申し上げます。

聖ヨゼフ医療福祉センター
院長 糸井 利幸

新型コロナワクチン接種の4回目接種終了のご案内

本日、2022年10月31日(月)をもちまして、外来患者様の新型コロナワクチン接種(4回目)を終了いたします。

なお、今後の新型コロナワクチン接種(5回目)につきましては、後日、ご案内いたします。

新型コロナウイルス感染症・濃厚接触者等の外来受診・予約について

当センターは重症心身障害児者施設であり、免疫力が低下された患者様や重症化リスクの高い患者様が通院しておられます。現在まん延している新型コロナウイルスの感染力は極めて強いことから、全ての患者様に安心してご来院いただくため、下記の対応とさせていただいております。ご理解・ご協力いただきますようよろしくお願いいたします。

  1. 患者様ご本人が陽性者となった場合
    発症日または無症状感染の場合は、PCR(抗原)検査を行って陽性と診断された日を0日として、10日目(解除日)以降に予約を取り直してください。
    *症状が長引き、解除日が10日目以降になる場合は、解除日を迎えた日以降に予約を取り直してください。
  2. 患者様の同居家族が陽性となった場合
    陽性となられたご家族様の隔離療養期間が終了し、他のご家族様の陰性が確認された以降に予約を取り直してください。
  3. 患者様本人または同居家族が濃厚接触者(疑いも含む)となった場合
    陽性者と最後に接触された可能性がある日を0日として、8日目(解除日)以降に予約を取り直してください。
  4. 発熱等風邪症状がみられた場合
    ・PCR検査をお受けになっていない場合は、発熱等風邪症状がみられた日を0日として、10日目以降に予約を取り直してください。
    ・発熱等風邪症状がみられた後にPCR検査を受けて陰性が確認されている場合は、発熱した日を0日として3日間経過し、風邪症状が認められない状況であれば受診可能です。
  5. 陽性者・濃厚接触者でなくても、通っている保育園・幼稚園・学校・学童保育・デイケア・デイサービス等の施設が休園・休校・学級閉鎖等になった場合
    厳密な濃厚接触者の判定が難しいので、休園・休校・学級閉鎖等になっている期間は受診できません。
    休園・休校・学級閉鎖等が解除された後に予約を取り直してください。
    *閉鎖日より4日目以前から通園・通学されていなければ受診可能です。
    -5日目 -4日目 -3日目 -2日目 -1日目 休園・休校・学級閉鎖等
    この間以前からお休みされていれば受診可能 この間に陽性者と接触の可能性がある場合、受診不可  
  6. オンライン授業等の場合
    ・陽性者が発生してオンライン授業に切り替わった場合は5.に準ずる。
    ・陽性者発生とかかわりなく、それ以前からオンライン授業が開始されていれば受診可能。

トピックス

令和5年1月 〈開催場所変更〉ひばり学園閉園についての説明会開催について。(PDF 260KB)
令和5年1月 福祉型児童発達支援センターひばり学園閉園について。(PDF 380KB)
令和4年12月 公開講座「乳幼児の運動発達について」のご案内。(PDF 520KB)
令和4年11月 【非常勤職員】保育士 募集。
令和4年10月 【非常勤職員】看護師・医療事務受付 募集。
令和4年8月 福祉・介護職員等特定処遇改善加算。
令和4年7月 外来受診に際してのお願い。
令和4年7月 令和4年度新規採用者育成計画。
令和4年7月 ひばり学園からのお知らせ。
令和4年7月 令和4年 定款・現況報告、決算報告。
令和4年3月 【ひばり学園】事業所における自己評価結果、保護者等からの事業所評価の集計結果。
令和4年2月 女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画。
令和3年12月 ひばり学園:新型コロナウイルス感染症対策についてのお願いの変更。
令和3年11月 整形外科・令和4年1月からの外来診療体制の変更について。
令和3年4月 聖ヨゼフ医療福祉センター院長 ご挨拶。

聖ヨゼフ会の目的

肢体不自由児・重症心身障害児施設「聖ヨゼフ医療福祉センター」は障害児(者)療育、児童福祉、医療福祉をキリスト教的人類愛に基づいて行い、地域社会に貢献することを目的としています。

新生児からの発達診断による障害の早期発見、ボイタ法による早期治療、訓練、生活指導等、幼児期から小児科と整形外科、リハビリテーションの治療を行い、障害の改善をはかります。

学童期には施設内分教室(京都市立北総合支援学校紅梅分教室)で教育を受けます。

成人、高齢者の方々の疾病・事故等による障害にも積極的な整形外科治療、リハビリテーションを行い、社会生活への復帰をめざします。

診療受付

※整形外科・小児神経科ともに、受診には予約が必要です。

整形外科
月曜~金曜 各担当医
側弯症
第2・4土曜 蘆田、清水
小児神経科
月曜(初診の方) 各担当医
火曜~金曜(再診の方) 各担当医

【予約方法】外来直通電話075-463-5631(平日11時~16時)で予約をお取り下さい。初めての方も予約が必要です。

詳細

リハビリテーション予約変更
外来担当医
建物の案内
入院の方
面会の方
看護・療育
ボランティア

詳細

採用情報

【非常勤】看護師、准看護師 若干名
【常勤】看護師、准看護師 若干名
介護職 若干名
理学療法士
作業療法士
言語聴覚士
保育士 若干名
外来受付、レセプト業務 若干名

詳細

職員専用掲示板