児童発達支援センター ひばり学園

開設:1971年(昭和46年)7月

就学前の幼児たちで、心身の発達の心配な子どもたちが、保護者といっしょに週3回程度通園し、保育をしています。

それぞれの通園支援計画に基づき運動発達・精神発達を促進させるとともに、基本的な生活習慣を身につけることができるよう、家庭と協力して子どもの成長を支援しています。また、保護者の思いに寄り添い、保護者の交流の場となるよう援助します。

対象児 満1歳から就学まで
定員 1日20人
通園日・時間 月~金曜日 午前9時30分~午後3時30分
給食 管理栄養士が栄養面・アレルギー対応の指導相談に応じ、できるだけ摂食状況に合った食事形態で提供します。

保育目標

  1. 子どもたち一人一人の発達に応じた支援計画を立て、その子どもの能力を育てる保育をします。
  2. 子どもの発達について保護者と懇談したり、勉強会をします。
  3. 繰り返し経験し、積み重ねていくことが大切です。お休みしないで登園しましょう。

健康管理

看護師と共に心身の健康状態のチェックを行い、必要なときは受診のアドバイスをする。主治医や関係機関との連携をはかり、児童への指導が円滑に、効果的になされるよう援助します。

・定期的に小児科の診察
・整形の診察
・発達テスト
・歯科健診
などを受けていただいています。

年間行事

4月
オリエンテーション
6月
ファミリー参観・誕生会
7月
プール開き
8月
夏休み
9月
運動会・誕生会
10月
遠足
11月
勤労感謝訪問・誕生会
12月
クリスマス会・冬休み
2月
節分・誕生会
3月
卒園式・春休み
午前保育 A A B C B
午後保育 C B C A さくらんぼ
午前保育クラス   午後保育クラス
午前の朝礼 9:30  
保育 10:00  
11:00 午後の朝礼
給食準備
いただきます
11:30
11:40
給食準備
いただきます
ごちそうさま
自由遊び
12:40 ごちそうさま
自由遊び
おかえり 13:00 保育
降園 13:30
  14:30 おかえり
15:00 水分補給・懇談
15:30 降園
園内の様子
園内の様子 園内の様子 園内の様子 園内の様子 園内の様子 園内の様子

事業所における自己評価結果

公表:2022年3月14日  事業所名:ひばり学園

環境・体制整備

  チェック項目 はい いいえ 工夫している点 課題や改善すべき点を踏まえた改善内容又は改善目標
1 利用定員が指導訓練室等スペースとの関係で適切である 7 0    
2 職員の配置数は適切である 7 0    
3 生活空間は、本人にわかりやすく構造化された環境になっている。また、障害の特性に応じ、事業所の設備等は、バリアフリー化や情報伝達等への配慮が適切になされている 7 0 ・気をつけて敷いてはいるが、マットの重なり具合やすき間が気になることはある。 ・マットは凹凸なく敷くようにします。
4 生活空間は、清潔で、心地よく過ごせる環境になっているか。また、子ども達の活動に合わせた空間となっている 7 0  

 

業務改善

  チェック項目 はい いいえ 工夫している点 課題や改善すべき点を踏まえた改善内容又は改善目標
5 業務改善を進めるためのPDCAサイクル(目標設定と振り返り)に、広く職員が参画している 6 1 ・目標が周知されていないように感じる。 ・目標を確認する機会をつくり共有します。
6 保護者等向け評価表により、保護者等に対して事業所の評価を実施するとともに、保護者等の意向等を把握し、業務改善につなげている 6 1 ・改善されているものもあれば、改善されていないものもある。 ・できることから改善しています。できないこともあります。
7 事業所向け自己評価表及び保護者向け評価表の結果を踏まえ、事業所として自己評価を行うとともに、その結果による支援の質の評価及び改善の内容を、事業所の会報やホームページ等で公開している 6 1    
8 第三者による外部評価を行い、評価結果を業務改善につなげている 6 1    
9 職員の資質の向上を行うために、研修の機会を確保している 6 1    

適切な支援の提供

  チェック項目 はい いいえ 工夫している点 課題や改善すべき点を踏まえた改善内容又は改善目標
10 アセスメントを適切に行い、子どもと保護者のニーズや課題を客観的に分析した上で、児童発達支援計画を作成している 7 0    
11 子どもの適応行動の状況を図るために、標準化されたアセスメントツールを使用している 6 1    
12 児童発達支援計画には、児童発達支援ガイドラインの「児童発達支援の提供すべき支援」の「発達支援(本人支援及び移行支援)」、「家族支援」、「地域支援」で示す支援内容から子どもの支援に必要な項目が適切に選択され、その上で、具体的な支援内容が設定されている 7 0    
13 児童発達支援計画に沿った支援が行われている 7 0    
14 活動プログラムの立案をチームで行っている 7 0    
15 活動プログラムが固定化しないよう工夫している 6 1 ・行事等を多く取り入れ変化をつけているが、日々の活動プログラムに関しては固定化したものが多い。繰り返す事も大切だとは思うが4~5年も繰り返している児もいる。 ・同じ活動を繰り返すことで一年一年の成長に気づいてもらえます。成長に合わせて遊び方の工夫をしていきます。
16 子どもの状況に応じて、個別活動と集団活動を適宜組み合わせて児童発達支援計画を作成している 6 1    
17 支援開始前には職員間で必ず打合せをし、その日行われる支援の内容や役割分担について確認している 7 0    
18 支援終了後には、職員間で必ず打合せをし、その日行われた支援の振り返りを行い、気付いた点等を共有している 4 3 ・もう少し時間をとれるとよい。
・振り返りをしっかりし、職員間での差をなくす必要がある。
・必ずはできていない。
・気づいたことはその都度確認し、支援する職員で共有しています。また、始業前の打ち合わせで前日の振り返りをして共有するよう努めています。
19 日々の支援に関して正しく記録をとることを徹底し、支援の検証・改善につなげている 6 1    
20 定期的にモニタリングを行い、児童発達支援計画の見直しの必要性を判断しているか 7 0    

関係機関や保護者との連携

  チェック項目 はい いいえ 工夫している点 課題や改善すべき点を踏まえた改善内容又は改善目標
21 障害児相談支援事業所のサービス担当者会議にその子どもの状況に精通した最もふさわしい者が参画している 7 0    
22 母子保健や子ども・子育て支援等の関係者や関係機関と連携した支援を行っている 7 0    
23 (医療的ケアが必要な子どもや重症心身障害のある子ども等を支援している場合)
地域の保健、医療、障害福祉、保育、教育等の関係機関と連携した支援を行っている
7 0    
24 (医療的ケアが必要な子どもや重症心身障害のある子ども等を支援している場合)
子どもの主治医や協力医療機関等と連絡体制を整えている
7 0    
25 移行支援として、保育所や認定こども園、幼稚園、特別支援学校(幼稚部)等との間で、支援内容等の情報共有と相互理解を図っている 7 0 ・こちらからももっと連携をとれるように動けたら良いと思う。 ・より積極的に連携がとれるよう働きかけていきます。
26 移行支援として、小学校や特別支援学校(小学部)との間で、支援内容等の情報共有と相互理解を図っている 7 0    
27 他の児童発達支援センターや児童発達支援事業所、発達障害者支援センター等の専門機関と連携し、助言や研修を受けている 7 0 ・コロナであまり機会がなかった。  
28 保育所や認定こども園、幼稚園等との交流や、障害のない子どもと活動する機会がある 0 7 ・併行通園が増え、各自参加している。・保育所等との併行通園を行っている児はいます。
・家族参加の行事がその機会になっているが、今年度もコロナ禍で中止。園児の75%が併行通園をしている。
・あれば良いとも思う 併行通園は増えている。
 
29 (自立支援)協議会児童部会や地域の子ども・子育て会議等へ積極的に参加している 6 1 ・会議に参加している。  
30 日頃から子どもの状況を保護者と伝え合い、子どもの発達の状況や課題について共通理解を持っている 7 0 ・全体向けの勉強会は実施している。個人に対しては担当の職員がアドバイスをしているが、職員個々のスキルにより差がでてしまう。
・「家族支援プログラム」はしていない。日頃から話す機会をつくり、その時に必要な支援を行っている。 
・担当者だけの意見にならないよう、いろいろな助言ができるようにしています。 
31 保護者の対応力の向上を図る観点から、保護者に対して家族支援プログラム(ペアレント・トレーニング等)の支援を行っている 5 1    

保護者への説明責任等

  チェック項目 はい いいえ 工夫している点 課題や改善すべき点を踏まえた改善内容又は改善目標
32 運営規程、利用者負担等について丁寧な説明を行っている 7 0     
33 児童発達支援ガイドラインの「児童発達支援の提供すべき支援」のねらい及び支援内容と、これに基づき作成された「児童発達支援計画」を示しながら支援内容の説明を行い,保護者から児童発達支援計画の同意を得ている 7 0    
34 定期的に、保護者からの子育ての悩み等に対する相談に適切に応じ、必要な助言と支援を行っている 7 0    
35 父母の会の活動を支援したり、保護者会等を開催する等により、保護者同士の連携を支援している 7 0    
36 子どもや保護者からの相談や申入れについて、対応の体制を整備するとともに、子どもや保護者に周知し、相談や申入れがあった場合に迅速かつ適切に対応している 7 0    
37 定期的に会報等を発行し、活動概要や行事予定、連絡体制等の情報を子どもや保護者に対して発信しているか 7 0    
38 個人情報の取扱いに十分注意しているか 7 0    
39 障害のある子どもや保護者との意思の疎通や情報伝達のための配慮をしている 7 0    
40 事業所の行事に地域住民を招待する等地域に開かれた事業運営を図っている 0 7 ・園としてはしていない。  

非常時等の対応

  チェック項目 はい いいえ 工夫している点 課題や改善すべき点を踏まえた改善内容又は改善目標
41 緊急時対応マニュアル、防犯マニュアル、感染症対応マニュアル等を策定し、職員や保護者に周知するとともに、発生を想定した訓練を実施している 6 1 ・防犯マニュアルのことはよく分からない。 ・法人としてマニュアルを策定している。定期的に確認をしていきます。
42 非常災害の発生に備え、定期的に避難、救出その他必要な訓練を行っている 7 0    
43 事前に、服薬や予防接種、てんかん発作等の子どもの状況を確認している 7 0    
44 食物アレルギーのある子どもについて、医師の指示書に基づく対応がされている 7 0    
45 ヒヤリハット事例集を作成して事業所内で共有している 6 1 ・気づいた点があれば、その都度必ず職員間で共有しています。  
46 虐待を防止するため、職員の研修機会を確保する等、適切な対応をしている 7 0    
47 どのような場合にやむを得ず身体拘束を行うかについて、組織的に決定し、子どもや保護者に事前に十分説明し了解を得た上で、児童発達支援計画に記載している 7 0    

● この「事業所における自己評価結果(公表)」は、事業所全体で行った自己評価です。

保護者等からの事業所評価の集計結果

公表:2022年3月14日  事業所名:ひばり学園
保護者等数(児童数) 44 回収数 39 割合 88%

環境・体制整備

  チェック項目 はい どちらともいえない いいえ わからない ご意見 ご意見を踏まえた対応
1 子どもの活動等のスペースが十分に確保されているか  39 0 0 0 ・保育室、療育室と、それぞれ十分に広々と確保されている。  
2 職員の配置数や専門性は適切であるか  30 6 2 1 ・普段している音楽あそびなど、その動きをする意味とかポイントみたいな事を伝えて頂けると親も「そうか!」と思い意識してできると思いました。
・保護者が昼食後掃除をする時間、しっかり見て頂けてないと思う時があります。
・手厚い。
・保育の中で遊びのねらいや目的を伝えていきます。
・自由あそびの時間は見守り保育になります。気を付けて目を配っていますが、不安があればお伝えください。
3 生活空間は、本人にわかりやすく構造化された環境になっているか。また、障害の特性に応じ、事業所の設備等は、バリアフリー化や情報伝達等への配慮が適切になされているか 35 2 1 1 ・園内を車いすで自走できるようにしてほしいです。 ・子どもの移動手段はさまざまですので安全面を考えると園内で自走することは難しいです。
4 生活空間は、清潔で、心地よく過ごせる環境になっているか。また、子ども達の活動に合わせた空間となっているか 36 2 1 0 ・歩ける子供が素足で廊下を歩き、その足でマットを歩くのが衛生上心配。
・窓が多く、常に風通しや室温に配慮されている。
・毎朝フロアの清掃後にマットの拭き掃除とアルコール消毒をしています。心配な方はバスタオルなどお使いください。

適切な支援の提供

  チェック項目 はい どちらともいえない いいえ わからない ご意見 ご意見を踏まえた対応
5 子どもと保護者のニーズや課題が客観的に分析された上で、児童発達支援計画が作成されているか 36 2 1 0 ・丁寧に話し合いがされた上で細かく作成されている。  
6 児童発達支援計画には、児童発達支援ガイドラインの「児童発達支援の提供すべき支援」の「発達支援(本人支援及び移行支援)」、「家族支援」、「地域支援」で示す支援内容から子どもの支援に必要な項目が適切に選択され、その上で、具体的な支援内容が設定されているか 32 5 1 1    
7 児童発達支援計画に沿った支援が行われているか 33 5 1 0    
8 活動プログラムが固定化しないよう工夫されているか 26 10 3 0 ・もう少し新しい取り組みを入れても良いかと思う。
・季節に応じたプログラムも多く、工夫されている。
 
9 保育所や認定こども園、幼稚園等との交流や、障害のない子どもと活動する機会があるか 9 5 22 3 ・ひばり学園と他園との交流はない。
・コロナのためか交流や行事は控えられている。
 

保護者への説明等

  チェック項目 はい どちらともいえない いいえ わからない ご意見 ご意見を踏まえた対応
10 運営規程、利用者負担等について丁寧な説明がなされたか  32 4 1 2    
11 児童発達支援ガイドラインの「児童発達支援の提供すべき支援」のねらい及び支援内容と、これに基づき作成された「児童発達支援計画」を示しながら支援内容の説明がなされたか 34 4 0 1    
12 保護者に対して家族支援プログラム(ペアレント・トレーニング等)が行われているか 19 11 4 5 ・とても勉強になっている。  
13 日頃から子どもの状況を保護者と伝え合い、子どもの発達の状況や課題について共通理解ができているか  35 2 2 0 ・話しているが一致しているかわからない。
・担任の先生が誰になるかによって、濃淡があるように感じます。
・担当の職員を筆頭に、全員の職員が1人1人の子どもの事を理解し、見守ってくれている。
・担当制ではありますが全員で支援をしています。誰にでも声をかけてください。
14 定期的に、保護者に対して面談や、育児に関する助言等の支援が行われているか 35 3 1 0 ・相談したいことがあってもするタイミングがない。
・登園ごとに先生とお話する機会があって助かります。
・相談事がある時は懇談の時間をとりますのでどうぞ声をかけてください。
15 父母の会の活動の支援や、保護者会等の開催等により保護者同士の連携が支援されているか 27 6 4 2 ・保護者会の設置、役割はしっかりあるが、保護者全体での活動や交流などはコロナのためか控えられているように感じる。
・コロナで開催されていない。
 
16 子どもや保護者からの相談や申入れについて、対応の体制を整備されているとともに、子どもや保護者に周知・説明され、相談や申入れをした際に迅速かつ適切に対応されているか 34 1 1 3 ・日々の合間合間の時間に、職員と話せたり、相談できる時間が多くあり、親身に対応されている。  
17 子どもや保護者との意思の疎通や情報伝達のための配慮がなされているか  37 1 1 0 ・聞こえにくさがあったりマスクである事などから、疎通がとれているとは思えないです。 ・コロナ禍のためマスク着用で口形が見えないです。ジェスチャーやサイン・手話を合わせて伝えていきます。
18 定期的に会報やホームページ等で、活動概要や行事予定、連絡体制等の情報や業務に関する自己評価の結果を子どもや保護者に対して発信されているか 26 4 5 4 ・ひばり学園のHP等を作成し情報等を発信して欲しい。
・毎月園だよりで発信されている。クラスごとの保護者役員があり、迅速に連絡されている。
・もっとホームページを充実させてほしいです。
・個人情報に配慮して考えていきます。
19 個人情報に十分注意されているか 36 2 1 0    

非常時等の対応

  チェック項目 はい どちらともいえない いいえ わからない ご意見 ご意見を踏まえた対応
20 緊急時対応マニュアル、防犯マニュアル、感染症対応マニュアル等を策定し、保護者に周知・説明されているか。また、発生を想定した訓練が実施されているか 33 1 3 2    
21 非常災害の発生に備え、定期的に避難、救出、その他必要な訓練が行われているか 36 1 2 0 ・地震の訓練を私はしたことがなく、火事以外もする必要があるかなと。
・火事以外の訓練にも参加したいです。
・地震の訓練は3月11日にシェイクアウト訓練をしています。

満足度

  チェック項目 はい どちらともいえない いいえ わからない ご意見 ご意見を踏まえた対応
22 子どもは通所を楽しみにしているか  35 3 0 0 ・お友だちや先生に会えるのをとても楽しみにしています。
・とても楽しんでいる。
 
23 事業所の支援に満足しているか 30 8 1 0 ・母子通園がとにかくしんどい。分離等の時間をもう少し増やして欲しい。午後の保育が子供達も眠くてしんどそうに思う。
・とても満足。
・カリキュラムや出席人数により親子分離の時間を作っています。可能な時にはしていきます。
・子どもの生活リズムに合わせて昼寝をしてもらえます。

● この「保護者等からの事業所評価の集計結果(公表)」は、保護者等の皆様に「保護者向け児童発達支援評価表」により事業所の評価を行っていただき、その結果を集計したものです。

櫟(くぬぎ)〈生活介護施設〉

事業概要

開所年月日 平成10年5月25日(B型通園事業所)
平成13年4月 1日(A型通園事業所)
平成24年4月 1日(生活介護施設移行)
対象者 重症心身障害児(者)
定員 1日15名
開園日 月曜~金曜 10:00~15:00
職員・構成 (専任)看護師・指導員・介護福祉士・保育士
(兼任)医師・訓練士(OT・PT・ST)栄養士等

療育内容

《目標》

家族との連携を大切に、心身の状態に即した日常生活動作の介助・指導を行い、入浴・送迎(必要に応じて)など、友達との出会いを楽しみに、地域への外出などで社会生活体験をします。

《健康 管理》

心身の健康状態のチェック、医師(小児科・整形外科)の診察等。また、地域の主治医との連携を密にして安全な療育支援を行います。

《リハビリテーション》

訓練士(OT・PT・ST)による機能訓練で身体の変形予防、日常生活の基本動作など、個別援助を行います。

《行事》

開所記念日(5月)、秋の行事(10月)、クリスマス会(12月)など

櫟(くぬぎ)