整形外科

整形外科では、脳性麻痺の装具療法・リハビリテーションを中心に、先天性股関節脱臼・先天性筋性斜頸・ペルテス病・その他の下肢変形(O脚・X脚・外反扁平足など)・脊椎変形等の小児整形外科疾患全般の診断・治療、および成人の一般整形外科の診療を行っています。保存療法が主体で、手術療法は行っておりません。

以下に主な疾患の当院における治療方針についてご説明します。

1. 脳性麻痺

上肢・下肢・体幹の変形に対して、ボイタ法を中心としたリハビリテーション・ボツリヌス毒素治療・装具療法を行っています。筋緊張を和らげることにより、上肢では食事・更衣・書字などの日常生活動作を、下肢では四つ這い・起立・歩行などの移動機能を改善すると共に股関節の亜脱臼・脱臼を改善します。体幹では側弯変形を改善し、姿勢を良くして安定して座れるようにします。重心児者では、筋緊張が和らぐと痛みが軽くなり、オムツ交換がしやすくなり、手指や陰部の衛生面での改善など、介護上の問題も改善します。

2. 先天性股関節脱臼(発育性股関節形成不全)

産科・小児科・保健センターの健診などで股関節の開排制限(股が開きにくい)を指摘された子どもさんに対して、超音波エコー検査・レントゲン検査を行い、診断・治療を行っています。

  • (1) 装具療法
    脱臼の程度が軽い場合には、外来でリーメンビューゲル装具という股関節を動かしながら脱臼を治してゆくバンド型の装具を装着して治療します。
  • (2) 牽引治療
    脱臼の程度が強い場合には、無理に脱臼を整復すると大腿骨頭が潰れて変形が起こることがありますので、お母さんと一緒に入院していただいて(1ヶ月間程度)、足に重錘をつけて引っ張って、ゆっくりと脱臼を整復する牽引治療を行っています。

3. 先天性筋性斜頚

生後20目頃から頚部の筋肉にしこりが現れて、頚部や顔面の変形を来す疾患です。9割以上が1才までに自然治癒します。他の原因による斜頚と鑑別しながら、診療を進めます。

4. ペルテス病

何らかの原因で大腿骨頭の血流が途絶えて、そのために大腿骨頭の骨が壊死して潰れてくる疾患です。壊死した骨が吸収されて新しい骨が出来て治癒しますが、新しく出来る骨が変形の少ないきれいな形になるように治療をします。
治療方法には装具治療と手術治療があり、治療を受ける病院によって方針が違います、当院では開院以来手術は行わず、装具治療を行う方針にしていますが、早期発見・早期治療を行えば、90%以上の子どもさんに良好な治療成績が得られています。

5. その他の下肢変形

O脚・X脚・外反扁平足等の変形に対して、装具治療を行っています。変形によっては自然治癒するものもありますので、基礎疾患や変形の程度を見て治療が必要かどうかを判断しています。

6. 脊椎変形

脊椎側弯症・後弯症などの変形に対して、矯正体操指導・装具治療を行っています。第2・4土曜日の側弯症専門外来にて、専門医が診療を担当しています。

7. 成人の一般整形外科

一般の整形外科疾患(骨折・捻挫・五十肩・テニス肘・腱鞘炎・変形性関節症・腰痛症・神経痛など)の診断・治療も行っています。治療は投薬・注射・リハビリテーションなどの保存療法を中心に行っております。

整形外科外来では、小児・成人の患者さん共に予約診療を行っております。

整形外科外来(直通TEL 075-463-5631 平日11時~16時)で予約を取っていただくことにより、毎回同じ担当医が責任を持って診療に当たり、また比較的待ち時間が少なく診察を受けていただけます。初診の患者さんも必ず予約をお取り下さい。

小児の予約患者さんが多い時(夏休み・冬休み・春休みなどの学休期間)や連休明けなどは、予約しておられてもお待ちいただく時間が長くなることがあります。悪しからずご了承下さい。

尚、ご不明な点があれば、お気軽に整形外科外来までお問い合わせ下さい。

整形外科医師プロフィールとメッセージ

小島保二医師

副院長・リハビリテーション部長
医学博士・整形外科専門医・運動器リハビリテーション医
1982年滋賀医科大学卒業

高校2年生の時に、ハンドボールの試合中に左足関節の脱臼骨折を受傷し、ヨゼフで手術をして頂きました。わずか1ヶ月半の入院でしたが、その時に出会った身体の不自由な子どもたちの素直な明るい笑顔を忘れることが出来なくて、迷うことなくこの道に進みました。どんなに重い障害を持っていても、いつも笑顔で迎えてくれる子どもたち。その笑顔を心の糧として、また力をもらって、微力ながら毎日頑張っています。

趣味:読書・ウォーキング・音楽鑑賞・美術館巡り・居酒屋探訪

小児科

赤ちゃんから学齢期の子どもさんまで、心身の発達についての問題を診察しています。診察の結果、リハビリテーションが望ましいと思われる方には、ボイタ法を中心とする理学療法、作業療法、言語聴覚療法、外来での保育などを受けていただきます。対象となるのは、脳性麻痺やその心配のある子どもさん、発達の遅れ、自閉症などの発達障害、二分脊椎などの先天的な疾患、病気や事故による脳障害などです。

5週間の親子入院や年齢によっては子どもさんだけの単独入院による集中リハビリテーションも行っています。また重症心身障害で食事指導やリハビリテーションを希望される方は成人の方でもご相談に応じます。

※脳性麻痺
出生前から生後1カ月までの間に脳に障害を受けたためにおこる姿勢運動発達の障害です。程度はさまざまですが、早期に発見してリハビリテーションや総合的な療育を受けることが大切です。

※二分脊椎
胎児期に背骨がうまく形成されず、背中側が開いた状態になっています。なかでも脊髄髄膜瘤では脊髄の神経が外に出てきているので手術治療の後は、神経の働きを改善するリハビリテーションが重要です。

育てにくい赤ちゃんへの発達育児支援(外来)

おっぱいが上手に飲めない、抱きにくいなどの育てにくい赤ちゃんでは、そりかえりや左右差など姿勢の問題が原因であることがしばしばです。外来診察での赤ちゃんの状態により、抱き方や遊ばせ方などの日常の過ごし方をお話ししたり、理学療法士によるボイタ法を軸にした運動機能療法(理学療法)をお勧めします。お子さんの状態や御家族の状況によっては母子入院もお勧めしています。

運動の障害や遅れのあるお子さん、中途障害(事故や脳炎の後遺症など)のお子さんへの支援(外来・母子入院・母子通園・単独入院)

脳性麻痺・染色体異常・二分脊椎・分娩麻痺・筋疾患・骨関節疾患などの病気や中途障害を持つお子さんに対して運動機能療法(PT)をはじめ作業療法(OT)・言語聴覚療法(ST)・摂食機能療法など総合的な訓練を行っています。訓練には、通院による訓練のほかに母子入院や単独入院(幼児期後半ころからのお子さんだけの入院)の制度もあります。

発達を伸ばすためには、訓練だけでなく保育も大切なので、外来保育や通園療育(肢体不自由児通園:ひばり学園)などによる発達支援も行なっています。外来保育や通園療育は、お母さんにとっての『仲間との出会い』の場でもあります。障害を持つお子さんの育児に際しては、『仲間との出会い』は『家族の絆』とともにとても大切なことです。

自閉症・ADHD・学習障害などの発達障害の生活相談と支援(外来)

発達障害児に対する個別での作業療法・言語療法を6ヶ月クール制で行っています。学齢児に対しては、ルールのある集団での遊びなどの取り組みもしています。保育園・幼稚園・学校との連携を目標としています。

重症心身障害児者への生活相談と支援(外来・通園・入所)

重症心身障害の方では、身体の変形、呼吸や摂食機能、消化器系の問題などが年齢とともに進行しがちで、訓練によってこれらを少しでも防ぐことが大切です。摂食嚥下障害に対してはVF検査(嚥下造影検査)を行い、誤嚥を少なくする方策を検討します。また日中の活動を豊かにする保育・療育もかかせません。これらのことは、外来(在宅)・入所のいずれの方にも共通のことです。

具体的には、在宅の方は、ひばり学園(幼児のための母子通園)、重症心身障害児者通園事業:くぬぎにより訓練と保育・療育を受けていただけます。小児科医も、健康管理や発達育児相談・支援をおこないます。また日中一時支援や短期入所に際しての健康管理も担当します。

麦の穂学園は重症心身障害児者の入所施設で年齢に関わりなく利用できます。健康を保つ医学的管理、訓練、療育を日々行っています。

小児科医師プロフィールとメッセージ

吉田菜穂子医師

診療部長 小児科専門医 小児神経専門医 1981年卒業

学生時代に『子どもと大人の違いは発達するということだ』という、当時の小児科教授の言葉に感銘を受けて小児科医になりました。

NICUでの診療(急性期および退院後のフォロ-アップ)や保健所での発達クリニックでの仕事を経て2000年から当院に勤務しています。当院に来てからも多くの子どもさんをみせていただきましたが、道筋や速さはいろいろでも『どの子も発達する力を持っている』と実感しています。また障害のある方への医療は全人医療であるとともに、『ご家族の中のその子どもさん』という視点が大切であると思っています。当院に来ていただくことが、子どもさんの笑顔とご家族の安心感につながることを願っています。

趣味はピアノ、ヨガ、スキーです。

廣田陽代医師

小児科医長 小児科専門医 1986年卒業

お子様の姿勢や運動の発達を中心に診させて頂いております。姿勢運動が安定し、調和がとれていると、遊んだり、目や手を使ったり、意思表示をしたりと、いろいろなことがしやすいようです。子どもさん達が、調和のとれた発達をとげつつ、それぞれの在り方で素晴らしい存在として、一日一日を楽しんで過ごされることを願っております。

お子様の健やかな発達に向け、ご家族とともに考えながら進んでいきたいと思います。

中村惠子医師

小児科専門医 小児神経専門医 1999年卒業

子どもが好きという単純な理由で京都府立医科大学小児科学教室に入局しました。いろんな病院でたくさんの子どもさんとそのご家族に出会う中で発達についてもっと理解を深めたいと思うようになり、今は小児神経を中心に勉強しています。当センターには2011年から勤務しています。

子どもさんの伸びようとする力を更に引き出せるように、ご家族と共に子どもさんを支える手助けが少しでもできれば、と思っております。

吉田恵美医師

小児科専門医 2006年卒

聖路加国際病院小児科、東京都立神経病院の神経小児科を経て、2014年4月より当センターで勤務を始めました。お子さんとご家族、一人ひとりとの出会いを大切に丁寧な診察を心がけていきたいと思います。

玉木京子医師

非常勤医師

小児科専門医 小児神経専門医 1979年卒業

月に二回、非常勤医師として木曜日に外来を担当しています。

主に発達障害、脳性麻痺などのお子様の診療をさせていただいております。患者さんご自身の課題、ご父兄の抱えておられる課題に対して医療的なアドバイスのみならず育児などの面にも触れて、何かお役に立てられたらと願っております。

柴田実千代医師

非常勤医師

小児科専門医 1998年卒業

非常勤医師として水曜日に外来担当しています。子どもの頃から、人となかでも子どもと接する仕事、人の手助けができる仕事につきたいと思い、小児科医を目指しました。これまで出会った子どもや、子育て、また保育園の子どもたちの姿を見ていく中で、子どもの発達の奥深さに興味を持ち、聖ヨゼフ医療福祉センターでも働かせていただいています。どの子どもさんも、時間の差、程度の差はあっても発達していかれることを目の当たりにし、その変化を見逃さないよう、発達の機会を奪ってしまわないよう心がけて、子どもさん、親御さんと向き合っていきたいと思っています。

ボイタ法について

ボイタ法はチェコスロヴァキア出身のボイタ教授によって発見された『反射性移動運動』を利用した運動機能障害に対する治療法です。

ボイタ教授は、子どもに特定の姿勢をとらせ、特定の場所(誘発帯)に適切な刺激を与えると、体幹と四肢に周期的な運動反応(筋収縮)が引き出されることを発見し『反射性移動運動』と名づけました。教授はその反射性の運動が新生児でも大人でも脳性麻痺児でも引き出されることを確かめ、人類の脳に生まれつき備わっている運動パターンであると考えました。

その運動パターンは正常運動発達の過程では自然に現れて来ますが、脳性麻痺児では自然には出現することが出来ず、治療によって引き出す必要があります。引き出された反応を自分のものにする可能性は、脳の可塑性から考えても脳損傷の時期に近いほど、月齢が小さいほど大きいはずです。しかし、軽い脳性麻痺では1歳半~2歳以上にならないと確定診断は困難です。そこで教授は独特の早期診断の方法を考案しました。

ボイタ教授について

ボイタ教授は1917年7月12日、チェコ共和国のモロスキー/ボヘミアで生まれ、2000年9月12日、ミュンヘンで亡くなりました。彼は神経科医であり小児神経科医でもありましたが、肢体不自由児施設に勤めていた時に反射性移動運動を発見しました。

1968年プラハの春・チェコ事件に出会い、ドイツに亡命した後、ケルン大学整形外科とミュンヘン小児センターで活躍し、1990年からは再びプラハのカールス大学で教鞭をとりました。

ボイタ教授は多数の科学分野における表彰を受けておられますが、整形外科領域でもっとも卓越した人に与えられるハイネ賞の受賞は特筆に値します。

先ず、仰向きやうつ伏せでの赤ちゃんの姿勢の特徴を観察します。向き癖があると一方の手は舐めたり見たりできますが、反対側はできません。

そんな赤ちゃんでは手と手を合わせて遊べなかったり、両手でオモチャを持つことが遅れたり、左右の母乳の飲み方が違っていたりします。それらができるように助けてあげただけでも、赤ちゃんは喜びます。動ける赤ちゃんでは寝返り・這い這い・お座り・つかまり立ち・伝い歩きなどの運動パターンに左右差がないか、発達順序の逆転がないかなどを観察し、7つの姿勢反応・原始反射・社会性の発達などを評価して診断します。

ボイタ診断の大きな特徴は発達の遅れのみならず、不調和(dysharmony)を観察することです。障害がはっきりする前の状態を中枢性協調障害・脳性麻痺危険児などと診断します。左右差の強い姿勢運動パターンの赤ちゃんが成長して脳性麻痺ではなく、学習障害・ADHD・自閉症などの発達障害の診断を受けることも少なからずあります。

『反射性移動運動』には仰向きや側臥位にして始める反射性寝返りとうつ伏せで始める反射性腹這いがあります。反射性寝返りで出現する反応は生後3ヶ月から8・9ヶ月の正常発達に出てくる運動パターンです。

これに比して反射性腹這いは正常運動発達に見られる腹這いそのものではありません。しかし、出現した反応は肘での支え方や足での蹴り方など正常な運動パターンの部分反応を示しています。それは脳性麻痺児にとっては自然には経験できないパターンです。ボイタ法は寝返りや腹這いそのものを練習しているわけではありません。

反射性寝返りI相

仰向けから一側に寝返り、さらに四つ這いに進んでいく運動パターンが反応として現れる。

第I相では出発肢位は仰向け。3ヶ月児のように、仰向けで両下肢を挙上し骨盤を傾け、4ヶ月半の寝返りの準備段階までの運動パターン(筋活動)を再現する。誘発帯は基本1つ。

トレーニングトレーニング
反射性寝返りII相

第Ⅱ相では出発肢位は側臥位。下側の上下肢で支え前方へ体幹を持ち上げ、上側の上下肢を上前方に振り出し、四つ這いになろうとする運動パターン(筋活動)を再現する。誘発帯は基本2つ。

トレーニングトレーニング
反射性腹這い基本パターン

出発肢位はうつ伏せ。片方の肘で支え、そこに身体を持ち上げていこうと反対の踵で床を蹴り出し前方に腹這いするような動作が反応として現れる。正常発達でいうと、3ヶ月からの頭部持ち上げから4ヶ月半の片肢支持、さらには1才過ぎの歩行開始までの足部での支持や蹴りだし等の運動パターン(筋活動)が再現できる。誘発帯は基本9つ。

トレーニングトレーニング
反射性腹這い応用パターン
トレーニング

ボイタ法の治療では理学療法士が御家族にお教えし、1日1~4回毎日家庭で行ってもらうのが基本です。1日の回数は年齢その他によって多少異なります。

赤ちゃんはいつもと違う運動パターンが起こって来ることにびっくりして、初めの内は治療中泣くことも多いですが、毎日行っていると慣れて泣かなくなります。治療が済んだ後、終わったことを伝えるために治療した人(お母さん)が抱いてあげるようにして下さい。全身運動をした後の恍惚感と相まって抱かれると同時にピタッと泣き止むようになり、治療してくれた人(お母さん)への愛着が強まっていきます。

反射性移動運動のそれぞれによって治療中に起こってくる反応(筋活動)には違いがありますが、すべてに共通していることは、脊柱の左右対称的な伸展(背すじをまっすぐにすること)で、これこそ脳性麻痺児には絶対に不可能な運動パターンです。

脊柱の対称的な伸展ができると頭を左右に回してオモチャを追視できます。両手を合わせて遊んだり、両足を触れ合わせたり、左右への寝返りも上手にできるようになります。肘での支えや手での支えが左右で同時に出来ることでうつ伏せの姿勢が安定し、回りを見回して遊んだり、手元のオモチャをなめて遊んだりできます。うつ伏せで左右に這って回転できるようになると視野は更に広がり、上下肢を交互に使う腹這い・四つ這い・一方の足を立ててのつかまり立ちを左右とも・机や壁での伝い歩き左右などと発達していけます。

治療中に脊柱の左右対称的な伸展の反応が起こるとき、眼球の左右への運動、ゴクンと唾を飲み込む運動、深呼吸などの反応も起こります。呼吸筋・腹筋の収縮が起こると同時に膀胱や腸での筋肉の働きも強められます。

このようにボイタ法の治療では、単に運動ができるようになるばかりでなく、表1や表2のような脳損傷児の早期兆候として見られる症状も改善します。こうした症状を重ねて示す赤ちゃんでは中枢性協調障害や脳性まひ危険児であることも多いのできちんと診断を受けて治療を始めることが大切です。これらの治療効果は乳幼児ばかりでなく、成人でも起こります。

表1 脳損傷児の早期兆候(1.お母さんが育てにくいと感じる症状)
哺乳 時間がかかる。量が少ない。むせやすい。よく吐く。ムラがある。音を立てて飲む。ゲップが下手。
呼吸 ゼーゼーしやすい。チアノーゼになりやすい。声が小さい。泣き声が続かない。余り泣かない。風邪をひきやすく治りにくい。
睡眠 寝付きが悪い。眠りが浅い。中途覚醒。昼夜逆転。断続睡眠。眠ってばかり。泣いてばかり。
排泄 便秘しやすい。ガスが多い。頻尿。尿路感染症になりやすい。
体温 低体温。体温変動。手足が冷たい。汗をかかない。多汗。
表2 脳損傷児の早期兆候(2.神経学的症状)
視覚 斜視。眼球振盪。落陽現象。異常眼球運動。視線が合わない。固視・追視しない。
聴覚 音に敏感。音に無反応。
筋トーヌス 手足が固い。股関節開排制限。手拳が目立つ。抱きにくい。体が柔らかい。そりかえりやすい。足が震える。 びっくりしやすい。
触覚 痛みを感じないように見える。過敏。
痙攣 時々急に体を固くする。顔や手足をピクピクさせる。

当然のことながら、治療効果を期待できる疾患は治療対象となりますが漫然と治療を続けるのでなく、目的を持ち効果を期待できる限り、乳幼児期から成人まで治療を続けることができます。

  1. 脳性麻痺・脳性麻痺危険児・中枢性協調障害
  2. 脳炎脳症後遺症・その他後天性疾患(成人の脳梗塞・脳卒中なども含む)
  3. 二分脊椎・分娩麻痺・脊髄損傷(事故後遺症も含む)
  4. 筋疾患・その他退行性疾患
  5. 染色体異常症・奇形症候群
  6. 呼吸障害・摂食嚥下障害
  7. 側彎症・斜頚・先天性股関節脱臼・臼蓋形成不全症・多発性関節硬縮症・骨関節疾患 O脚・X脚・内反足

ボイタ法による診断と治療についてさらに詳しくお知りになりたい方は次の本を参考にしてください。

  • Vaclav Vojta著、富雅男訳『乳児の脳性運動障害』
    医歯薬出版株式会社(ボイタ教授原著の翻訳本で医師・療法士などの専門家用です)
  • Vaclav Vojta, Annegret Peters 著、富雅男訳『ボイタ法の治療原理』
    医歯薬出版株式会社(ボイタ教授原著の翻訳本で医師・療法士などの専門家用です)
  • 家森百合子・神田豊子・弓削マリ子著『子どもの姿勢運動発達』
    ミネルヴァ書房(写真が多く、お父さんやお母さんにもわかりやすくボイタ法について解説しています。医師・保健師・助産師・看護師・保育士の方々にもどうぞ)
  • 長谷川功編著、吉田菜穂子他著『新生児フォローアップガイド』
    診断と治療社(主に乳児健診を行う医師・保健士にお勧めです)

私たちの施設では、利用者の方に多くの職種が関わっています。良い治療・療育を提供するために、スタッフ間のコミュニケーションやチームワークを大切にしています。また利用者の方にとっては相談相手はたくさんいるということです。何か困ったことが起こったときには、主治医・各療法士・心理士・ケースワーカー・看護師・保育士・指導員その他多くのスタッフに、遠慮なくご相談下さい。

看護療育部

看護療育部は、看護職員と療育職員(保育士・介護福祉士・社会福祉士等)が入所されている幼児から大人の方一人ひとりの障害を理解し、施設の中においても楽しくその人らしく日常生活が送れるよう支援しています。

3つの病棟と外来部門に分かれています。

ヨゼフ病棟(医療型障害児入所施設)

肢体不自由児の病棟です。小児の整形外科的手術やリハビリのために入院してきた子供たちを看護し、療育スタッフとともに楽しく生活できるよう工夫しています。

小児単独の入院は減少し、20代の重症心身障害者の方もともに生活しています。

麦の穂A棟(医療型障害児入所施設・療養介護事業)

医療的ケアの必要な重症心身障害児者の方が入所されています。

麦の穂B棟(療養介護事業)

一般状態の良好な重症心身障害者の方が入所されています。

心身に重い障害を持っていても健康管理をしっかり行えば、外出したりできます。地域社会に参加できるように支援しています。

日々安定した健康状態を維持していくことで外出やイベントで楽しむことができます。外出した時の穏やかな笑顔を見たとき、悩みながら看護療育していく中でホッとさせられる場面です。小さな体験ですが大きな喜びです。

スタッフを募集しています。

肢体不自由児および重症心身障害児者の方々の治療・リハビリを行い、長期間安心して利用できる施設にするため看護師・介護福祉士の方を募集しています。

今までエントリーされた方のほとんどの方が『経験のない看護であり介護であるけどできるかしら』と不安をお話しされます。今働いている職員も同じ不安を抱いて勤務し始めました。気持がわかるから、入所されている方々のケアについて・業務の流れについて丁寧に教えます。まずはどんな職場か見学だけでもしてみませんか?

エントリーシートに記入して送信してください。または電話 075-462-7621 看護療育部長 川原までお電話ください。

リハビリテーション科

理学療法 PT

当センターでは、首のすわり・寝返り・座る・立つ・歩くなど、運動発達に遅れや障害のあるお子さんに対して、主にボイタ法を用いて、姿勢を整えながら、運動の発達を促しています。ご家庭でも行うことができるように御家族への指導も行います。また、日常生活に必要な応用動作を身につける為の指導も行っています。

必要に応じて、装具や、椅子/座位保持装置等の福祉機器のご紹介、作成、修理等も行っています。

作業療法 OT

当センターでは、障害を持った方々がより豊かに、主体的に生活できることを目標に6名の作業療法士が働いています。

対象児・者は、脳性マヒ等の様々な発達障害や中途障害を持つ小児から成人のみなさまで、個々の障害や年令とライフスタイルの違いを考慮しながら作業療法を行っています。

作業療法の紹介

  • 遊び(活動)を通して、意欲を高め発達を促します。
  • 食べる、着る等の日常生活動作の獲得のための発達段階に応じた介助方法を指導します。
  • 社会参加(家庭、職場、学校など)への援助をします。
  • 姿勢指導、椅子、自助具等を提供し、障害の程度に応じた代替手段を選択、改良します。

言語聴覚療法 ST

ことばの遅れ・発音の問題・人とのコミュニケーションがうまくいかない等のことばやコミュニケーションについて、また食物が「かめない」「飲み込みにくい」「むせる」等食事に関わる様々なご相談をお受けし、評価(検査)、指導、支援を行っています。

言語・コミュニケーション指導

  • ことばの理解や伝える力、人とのやりとりの力を促します。
  • コミュニケーションを補助する手段や機器について、情報提供、指導します。
  • ライフステージ(乳幼児期、学童期、成人期)を通して、必要な支援を行います。

摂食嚥下指導

  • お口の運動や飲み込み(嚥下)の機能を評価し、より安全においしく食べられるよう哺乳や食事の姿勢、食物形態、介助方法などを指導します。
  • 乳幼児期の早期から関わり、育児指導も含め支援します。
  • お口のケアなどを通して、摂食嚥下機能の維持や促進を支援します。

物理療法

骨関節疾患・脊椎疾患・神経疾患等で、痛み・しびれ・関節の運動制限・筋力低下のある成人の患者さんに対して、牽引・温熱療法・極超短波療法・関節可動域拡大運動・筋力増強運動・マッサージなどの物理療法を行っています。

聖ヨゼフ整肢園ボランティア

病院内ボランティアとして『聖ヨゼフ整肢園ボランティア』というグループがあります。平成26年度は33名登録されています。

縫物のグループとおしぼりのグループに分かれ、週1回1~2時間活動しています。縫物はタオルや衣類の名札つけ、食事用エプロンの作成などです。ミシンは足踏みミシン・電動ミシンが10台ほどあります。おしぼりは病棟で使うおしぼりを200~250本作ります。

活動時間 月~土 午前10時~12時、午後1時~3時
おしぼりは午前のみ

ボランティアをご希望の方は、075-462-7621(川原)にお電話ください。

ボランティアの責任者の方と相談して、活動内容・時間を決めさせていただきます。